正しい家づくり活動日記

正しい家づくりの会のメンバーによる活動日記です。
日々の活動から、正しい家づくりに役立つ情報を発信しています。
お知らせ
0

    新型コロナウイルス感染拡大防止のため不要不急の外出自粛要請に伴い、

    住宅セミナーを延期させていただくことになりました。

    お申込みくださった皆様には大変ご迷惑をおかけしますが、

    どうぞご理解とご協力をお願い申し上げます。

     

    住宅セミナー日程が決まりましたらお知らせいたします。

     

    皆様のご健康をお祈り申し上げます。

     

    正しい家づくり研究会

     

    | ibh-housing | お知らせ | 13:41 | comments(0) | - |
    少人数制:住宅セミナーのお知らせ
    0

      みなさん、こんにちは。

      いつも正しい家づくり研究会ブログを読んでいただき、ありがとうございます。

       

      少人数制の住宅セミナーのお知らせです。

       

      正しい情報の開示、適正価格の追求、住宅品質の向上などをテーマにした

      2週2日間の講座は納得できる内容で高評価を得ています。

      『正しい家づくり』の具体的な手法や考え方を学んでみませんか?

      営業活動のないセミナーで安心してご参加いただけます。

       

      【土曜日コース】

      1日目:4月18日(土)

         会場:成城ホール砧区民会館 4階集会室B

      2日目:4月25日(土)

         会場:TOTOショールーム新宿 4階セミナールーム

       

      【日曜日コース】

      1日目:4月19日(日)

         会場:LIXILショールーム新宿 7階

      2日目:4月26日(日)

         会場:武蔵野プレイス 3階スペースC

       

      参加費:税込2,000円(教材費実費/2週分)

      ※再受講の方や同伴者の方は無料となります。

       

      お申込み・お問い合わせはHP(https://ibh-japan.jp/Seminar.html)

      又は、フリーダイヤル0800-080-6677にて承っています。

       

      お気軽にお問い合わせください。

       

      正しい家づくり研究会

       

      | ibh-housing | セミナー | 11:19 | comments(0) | - |
      一日完結の住宅セミナーを開催します!
      0

        いよいよ2020年になりました。

        皆様いかがお過ごしでしょうか?

        本年も正しい家づくり研究会をどうぞよろしくお願い申し上げます。

         

        さて、今年最初の住宅セミナーのお知らせです。

        今回のセミナーは、新しい試みとして一日完結のセミナーを開催させていただきます!

        全5講座の住宅セミナーでは、営業活動のないセミナーですので

        安心して参加していただくことができます。

        講座内容も再構成してありますので、再受講の方にもオススメのセミナーです。

         

        会場は土曜日コースが武蔵野プレイス、日曜日コースが成城ホール砧区民会館となります。

        どちらも最寄りの駅からのアクセスが大変しやすい会場です。

         

        セミナーを受講してご自身の『失敗のない家づくり』を実現してほしいと思います。

         

        【土曜日コース】

        日時:令和2年1月25日(土)10:10〜17:50(受付10:00〜)

        会場:武蔵野プレイス 3階スペースD

         

        【日曜日コース】

        日時:令和2年1月26日(日)10:10〜17:50(受付10:00〜)

        会場:成城ホール砧区民会館 4階集会室C

         

        詳細はHP(https://ibh-japan.jp/Seminar.html)にてご確認いただけます。

         

        参加費:2,000円(教材費実費/同伴者無料)

        申込み方法:HP又はお電話(0800−080−6677)にて

         

        皆様の参加を心よりお待ちしております!

        | ibh-housing | セミナー | 11:53 | comments(0) | - |
        家づくりの疑問や不安:『お客様にとっての適正価格とは?』
        0

          正しい家づくり研究会では、自然素材の高品質な家を

          適正価格で提供できるよう徹底的に追求しています。

          それでは、お客様にとっての適正価格とは何でしょうか?

           

          正しい家づくり研究会では原価をシビアに査定し、それをお客様に公表いています。

          そして、経費を15%程度とし、これが適正価格であると考えています。

          しかし残念ながら、これは一般的な考え方とは言えません。

           

          住宅メーカーの場合、原価に対して基本42%でオプション、

          下請経費を含めると50%以上になります。

          工務店の場合は、様々ですが、過去の例では、

          20%以下のケースはありませんでした。

          30%〜35%前後が多くなります。

          私たちの考えでは、20%以上では適正と言えないと思っています。

          そうすると依頼出来る会社を見つけ出すことは困難と言わざるを得ません。

           

          事実、過去に工務店の見積書の適正判断を求められたケースは30件近くありましたが、

          20%以下と判断出来たケースは1件しかありませんでした。

           

          住宅メーカーの場合、間接経費を考えると、42%は容認せざるを得ません。

          ただし、オプションを多くすると到底容認出来ないことになります。

          要は高コストであることを前提に、大手であることを基準とするかどうかです。

           

          工務店の場合、社長や担当者のさじ加減となります。

          甘くみられると経費率が高く設定され、

          シビアで厳しいお客様には抑えた経費率となる傾向があります。

          20%程度の設定は経営上無理ではありません。

          それに近づけるには、厳しいネゴ(価格協議)が必要です。

          それについては、相談いただければネゴの根拠となるように見積書を査定の上、

          対応策についてアドバイスさせていただくことも出来ます。

          ご遠慮なく申し出下さい。

           

          詳しくは住宅セミナーにてご説明しています。

           

          なお、次回1月セミナーは1日完結のセミナーとなります。

          是非この機会に参加をご検討頂ければと思います。

           

          住宅セミナーのご案内はこちらです。https://ibh-japan.jp/Seminar.html

           

          正しい家づくり研究会 青木

          | ibh-housing | 青木のコラム | 12:57 | comments(0) | - |
          現場見学会ではどんなことをするの?
          0

             

            正しい家づくり研究会では、高品質の住まいを適正価格でお客様に提供できるように日々研究しています。

            そして、その家を実際に体感できるのが『現場見学会』です。

            現場見学会ではどんなことをするの?と疑問に思われる方も多いと思います。

            今回は先月に行われた現場見学会のご報告をさせて頂きます!

             

            11月3日(日)の西東京市での現場見学会には多くの方からお問い合わせを頂き、

            5組7名の方にご参加頂きました。

             

            当日は、この現場の大工工事を担当した多田大工から

            実体験に基づく高品質の住まいについて率直なお話を頂きました。

            無垢材の柱を選ぶと、何十年経っても建築当時の素材の良さが保てるので

            腐食が少なく強度を長く維持できること。

            土台のヒバ材が持つ天然防蟻効果は特に小動物を飼っているご家庭にはおすすめできることなどの話に、

            参加者の方々は熱心に耳を傾けられていました。

            傾斜天井に用いられた杉板は、実際の杉の木のように、

            低い所は赤みのある杉板を用い、高い所は白っぽい杉板を用いているという話に会場から驚きの声があがりました。

             

            その後、設計に携わった正しい家づくり研究会の坪井氏から設計コンセプトについての説明がありました。

             

             

            平屋(23坪)で木造の住まいは、お施主様が愛犬と一緒に生涯に渡って、

            居心地良く、安心して住み続けられるように設計されました。

            高齢になっても無理のない生活をイメージして、

            長期的な視点に基づくバリアフリー設計となっています。

            将来、車椅子での生活や介護が必要になったとしても、

            不自由なく住み続けられるよう、出入口や廊下の幅、トイレや洗面所、各居室は

            必要に応じたゆとりのある計画となっています。

             

            現場見学会最後には、皆様ご自由に室内や屋外を見学されました。

            参加された方々からは、

            『都内で平屋23坪を実際に見られる機会がないので、非常に良い経験になった。』

            『とても居心地の良い爽やかな空間だと身をもって感じた。』

            『バリアフリー住宅に以前からとても興味があった。』

            『是非完成現場見学会にも参加したい。』

            などの貴重な感想を頂戴しました。

             

            参加して下さった方々には改めて御礼を申し上げます。

            どうもありがとうございまいました。

             

            正しい家づくり研究会では、セミナーに参加された方に現場見学会などのご案内をさせて頂いています。

            次回1月開催のセミナーは1日完結セミナーです!

            初めて受講される方も再受講の方も是非この機会に参加を検討して頂ければと思います。

             

            住宅セミナーのご案内はこちらです。
            https://ibh-japan.jp/Seminar.html

            | ibh-housing | 見学会開催 | 11:52 | comments(0) | - |
            自然素材の家づくり 構造材
            0

              正しい家づくり研究会の望月です。

              セミナーでは、自然素材の家づくりを担当しております。
              家づくりの会では、主要な構造材として、柱にヒノキ、土台に青森ヒバを推奨使用しております。
              今回は、柱のヒノキについて。
              材は、主に天竜新月材桧を使用しておます。

              産地は静岡県浜松市天竜区で、天竜川流域は温暖で雪が少なく育林に恵まれた気候で、

              根が真っ直ぐで、節が少なく、良い材が育つそうです。
              日本の山には、良い材料が沢山あり、当会では産地と提携して流通ルートを確保して、家づくりに活用しております。
              セミナーでは、実サンプルをご用意して解説を行なっておりますので、ぜひご参加頂けたらと思います。

               

              次回のセミナーは、2020年1月を予定しております。
              またホームページにて、セミナー日程を随時お知らせしておりますので、ご確認をお願い致します。
               
              住宅セミナーのご案内はこちら
              https://ibh-japan.jp/Seminar.html

              | ibh-housing | 自然素材 | 08:08 | comments(0) | - |
              日本エコハウス大賞の受賞
              0

                こんにちは、正しい家づくりの会、松田です。

                私達の事務所で設計・監理した「多摩丘陵の家」が「日本エコハウス大賞2019」において

                審査委員特別賞-三澤文子賞を受賞しました。

                 

                築42年、10年間は、空き家となっていた家族の思い出が詰まった住まいを未来へ残したい、そんな思いで取り組んだリノベーションです。この端正で美しい住宅は夏を旨とする造りになっていて、夏はとても快適ですが、一方で冬は室内でも吐く息が白くなるほど寒い状況でした。

                今回の改修では、家族の思い出を残すため、施工者・識者・メーカーの技術と工夫で、板一枚からできる限り原型を留め、修繕・改修部分を取捨選択し、コストを抑え、冬も快適で健康に過ごせるように計画工夫したそれぞれの知恵を活かしたパッシブデザイン・リノベーションです。

                 

                「正しい家づくり研究会」のセミナーでは、今回のケースのような改修工事を含め、家づくりに関する心配事や不安などをご相談出来ますので、一度、足を運んでみてはいかがでしょうか。

                住宅セミナーのご案内はこちらになります。 https://ibh-japan.jp/Seminar.html

                 

                | ibh-housing | お知らせ | 12:03 | comments(0) | - |
                始めてのマイホーム
                0

                  IBHブログ


                  こんにちは、正しい家づくり研究会に参加している南澤です。


                  弊社設計の事例が掲載された「始めてのマイホーム」という書籍が出版されました。


                  これから家づくりを始めたいけど「何から始めたらいいか分からない人」「家づくりはどんな選択肢があるの?」など、どのように家づくりを進めてよいか分からないという方は、とても参考になると思います。興味ありましら、是非ご覧下さい。


                  「正しい家づくり研究会」のセミナーでは、家づくりの心配事や不安などご相談出来ますので、一度、足を運んでみてはいかがでしょうか。


                  住宅セミナーのご案内はこちら https://ibh-japan.jp/Seminar.html






                  | ibh-housing | お知らせ | 21:38 | comments(0) | - |
                  夏の暑さを取り除く!排熱の工夫
                  0

                    こんにちは。正しい家づくり研究会の冨田です。

                    今年の夏は例年に増して暑いですね・・・。

                     

                    エアコンを運転していても暑さが取れない!

                    日中も夜中もエアコンをかけっぱなし!

                    という声を多く聞きます。

                     

                    屋根への日射や天井に溜まる熱気により天井材自体が熱を蓄えてしまうのが暑さの大きな原因でもあります。

                    いくらエアコンで空気を冷やしても、天井面の表面温度が高いと輻射熱(ふくしゃねつ)で不快に感じてしまいます。

                     

                    夏涼しい家づくりでは家の一番高い位置で熱を捨てる工夫が大切です。

                    私は天井面ギリギリに高窓を設ける場合が多くあります。

                     

                    長野での実例です↓

                    ここでは2階リビングに大きな引違いの高窓を設けました。

                    深い軒が雨と夏の日射を遮り、防犯も気にせず常に熱気を逃がすことができます。

                    鍵(クレセント)の位置を下げ、椅子に乗り簡単に開閉出来るような工夫もしています。

                    また、高窓と合わせて排熱を促進する為に排熱用パイプファンを設けています。(↑正面壁の左上)

                    温度センサーで一定室温以上になると運転する仕組みを採用する場合が多いです。

                    夏だけでなく中間期や冬でも室内温度が上がりすぎた時に調整が利くので重宝しています。

                     

                    目立つ位置なので木製カバーで隠す工夫も↓

                    正しい家づくり研究会ではこうした工夫を多く取り入れ、快適な室内気候づくりを目指しています!

                    | ibh-housing | 断熱・温熱 | 13:22 | comments(0) | - |
                    デレビ出演のお知らせ
                    0

                      正しい家づくり研究会のホームページをご覧頂いている皆様へお知らせです。

                      研究会メンバーの望月です。
                      私ごとになりますが、自宅の「高尾の家」をテレビ番組で取材して頂きました。

                      下記の日程で放送予定になります。

                      宜しければ、ご覧いただけたらと思います。

                       

                      突撃!隣のスゴイ家

                      BSテレビ東京 7/4 21:00

                       

                      渡辺篤史の建もの探訪

                      BS朝日 7/21  8:30

                       

                      なお「突撃!隣のスゴイ家」は、BSを視聴されてない方でも、

                      放送日から一週間は、ネット配信により視聴ができると思いますので、

                      番組のホームページをご確認下さい。

                      | ibh-housing | お知らせ | 12:45 | comments(0) | - |
                         1234
                      567891011
                      12131415161718
                      19202122232425
                      2627282930  
                      << April 2020 >>
                      + SELECTED ENTRIES
                      + CATEGORIES
                      + ARCHIVES
                      + MOBILE
                      qrcode
                      + LINKS
                      + PROFILE